2013年3月19日火曜日

和田毅選手の投球フォーム(スローモーションあり)

和田毅選手の投球フォームです。
(スローモーションあり、ソフトバンク時代)

動画はこちらからご覧下さい。
YouTube/ニコ動の参考にならない動画集

球種は平均球速140km/h前後のストレート、縦横2種類のスライダー、チェンジアップ、カーブ。抜群のコントロールでそれらの球種を投げ分けます。

ボールの出所が見えにくい独特のフォームで球持ちが良く、ストレートのスピン量は現役投手の平均以上。初速と終速の差が少なくノビがあるとも言われています。パワプロでは何故か「軽い球」とされていますが(笑)

本人曰く、「腰・体幹の回転によって自動的に腕が振られ、ボールが腕から離れていく」という独特のイメージで投げているそうで、ストレートの際には特にボールに回転をかけようという意識はなく、むしろ軽く握るようにしているとの事。