2013年3月28日木曜日

江川卓選手の現役時代全盛期の投球映像

江川卓氏が現役時代・全盛期頃の投球映像です。

動画はこちらからご覧下さい。
YouTube/ニコ動の参考にならない動画集

彼の特徴は何と言っても非常にノビのあるストレートですね。綺麗なバックスピンがかかっていて、スピン量が非常に多く、初速と終速の差が非常に少ないです。投げられてからボールが落ちる事もほとんどないため、打者はボールの下を振り遅れるように空振りしてしまいます。球速は今のスピードガンでも間違いなく150km/h以上は出ていたはずです。

また、この頃の彼は変化球はカーブしか投げませんでした。何故なら彼にはストレートとカーブしか必要なかったからです。ストレートとカーブのみで打者を打ち取る圧倒的なピッチングでした。そして速球派の投手には珍しく、四死球が少ないのも特徴です。球速が速いだけでなく、コースに投げ分ける抜群の制球力も持っていました。「怪物」とはまさに彼の事でしょう。