2017年1月21日土曜日

忍者イチローの神回避

イチロー選手が地区シリーズ第二戦で見せた、キャッチャーのタッチを2度も避けてホームインを果たした時の映像です。

動画はこちらからご覧下さい。
YouTube/ニコ動の参考にならない動画集

イチロー選手は稀にではありますが、トップスピードでの走塁から急停止し、相手選手のタッチのタイミングを外すようなフェイントを見せる事があります。過去には本塁でブロックしているキャッチャーの背中を飛び越そうとしたりしています。その時はアウト判定だったのですが、スロー映像でないと審判が見間違うようなギリギリのプレーでした。

メジャーリーグの審判はアウトのタイミングだと、その場の雰囲気などでアウトコールをする事があります。そのため過去の反省からイチロー選手も審判が分かりやすいように動きを大きくしたそうです。それがこの珍プレーに繋がったようです。

こういうプレーに関してイチロー本人は、「(普通は)スピードを上げたくなるが、スピードを落とすという発想(が大事)になる。ブレーキをかける事は別に怖くないし、どんな動きをしても怪我をする事がないという自信がある」と話したそうです。・・・こんな39歳、他にいますか?w